卒業してすぐ就職する会社


夜間でも通える建築学校

卒業してすぐ就職する会社

卒業してすぐ就職する会社 建築学校を出た新卒者の就職先は多岐にわたりますが、建築関係の仕事に就く人が多いです。具体的には組織設計会社やアトリエ系設計会社、ゼネコンなどがあります。設計会社は、依頼に応じてクライアントと話し合ってデザインをしていく会社です。組織設計と言われる会社は企業規模も大きいですが、扱っている建築物のサイズも大きいことが多いです。たとえば図書館や美術館などの公共施設を手がけることもありますし、ランドマークとなる大規模ビルをデザインすることもあります。
それに対してアトリエ系といわれる会社は、建築士が1人しかいないところもあり、引き受けている建築物も小規模です。その多くは個人の住宅で、施主の要望を聞いて提案をする、それを伝えたらまた要望を聞いて具体化する、というのを繰り返して理想の住まいを形にする仕事です。通っていた建築学校で学んだことを活かせます。ゼネコンは設計だけでなく施工管理もしている会社のことで、ゼネラルコントラクターの略語です。最大手の会社はスーパーゼネコンと呼ばれています。

建築学校卒業生が就ける職種と就職先について

建築学校卒業生が就ける職種と就職先について 建築学校で学べることは基本的な設計や建築方法はもちろんのこと、限られた空間を活用する空間デザインや公共空間の造り方を学ぶ都市設計などさまざまな分野に跨っています。また、2級建築士や木造建築士、技能士や建築施工管理技士などの資格を卒業と同時に取得できるため、就職に大変有利です。目指せる職種は設計者や建築デザイナー、インテリアコーディネーターやCADオペレーター、不動産関係と多岐にわたり、具体的な就職先は大手建築会社を始めとして設計事務所や建築施工会社などがあります。
技術を習得しているためハウスメーカーでも即戦力として活躍が期待され、更には、公務員試験を受けて自治体の都市開発や建設部門で働くという道もあります。経験を積んだのちに自分で建築設計事務所を開業するケースもありますが、企業においては期待される人材となっているため、離職率も非常に低くなっていることが建築学校の卒業者の特徴となっています。


Copyright 2018 夜間でも通える建築学校 All Rights Reserved.