経済的負担がデメリット


夜間でも通える建築学校

経済的負担がデメリット

経済的負担がデメリット 建築士として活躍したい、勉強したいと考えた際にまず思い浮かぶのは建築学校に通う選択肢でしょう。建築学校に通うことで資格を取得したり、同じ志を持つ仲間と切磋琢磨することで刺激を受けることも出来ます。
しかし、デメリットとしては学校に通うことで発生する金銭的負担でしょう。大きく分けて、建築学校には昼間通うことが出来るコースと夜間に通うコースがあります。金額的な面では夜間の方が学費が安いことも多く、また昼間は別の仕事をして働きながら通うことが出来るため、金銭的な負担に関しては自分で稼ぐことも可能になります。また社会人で今の会社で出世するため、部署移動で資格が必要になったためという理由で通う方も少なくありません。
昼間に通うコースではじっくりと時間をかけて勉強に取り組むことが出来る点ではメリットがあります。時間とかかってくる金銭的な費用をよく考えた上で今の自分に合う建築学校を選ぶことが卒業まで通うためには必要です。

建築学校に入学するデメリットは授業スケジュールか

建築学校に入学するデメリットは授業スケジュールか 建築学校に入学するデメリットはスケジュールにあるかもしれません。基本的には週5日、月曜から金曜まで授業があり、1コマ90分で3時限か4時限まで行われることになります。途中の休憩時間などを含めると、4時限まである日には授業終了はだいたい16時くらいになります。それが2年あるいは4年間行われることになりますので、まさに大学の授業とほぼ同じということになるでしょう。
しかも建築学校の場合は、単に授業に出ておいて卒業さえできればそれで良いというものでもありません。最終的には卒業が重要なのではなく資格を取得することが重要になってくるからです。つまり、授業や実習などをしっかりとこなしていかないと、単に出席だけしていれば授業中は居眠りしていても大丈夫かというと決してそんなことはありません。そういう意味では、一般の大学のようにとくに資格など関係なく、ただ卒業できさえすれば十分という学校とは差がありますから、それなりの覚悟は必要です。


Copyright 2018 夜間でも通える建築学校 All Rights Reserved.