在籍している年代


夜間でも通える建築学校

在籍している年代

在籍している年代 建築業界への転職を目指す場合、気になるのは年齢です。
近年、業界では人材不足が深刻になっているという事情もあり、雇用の流動化が進んでいる状況にあります。
20代前半の第二新卒世代はもちろん、20代後半や30代の社会人採用に積極的な企業が増えています。
さらに、40代の方の転職成功事例も増加傾向にあります。
こうした事情もあって、建築学校にはさまざまな年代の方が在籍しています。
特に夜間の時間帯で開講している学科では、その傾向が顕著に見られます。

建築学校の中には少人数制を採用し、実務経験や指導経験が豊富な講師がきめの細かい教育を実践する学校も見られます。「久しぶりの勉強なので少し不安」という30代や40代の年代の方でも、こうした建築学校を選択すれば資格取得や就職活動の十分なサポートを期待することができます。
なお、学校を選択する際には授業見学や説明会に参加し、どんな世代の方が参加しているのか、サポート体制はどうなのかを比較しながら決めていくことをおすすめします。

建築学校に通うためには学歴は関係あるのか?

建築学校に通うためには学歴は関係あるのか? 国家試験の建築士には受験資格があり、学歴要件と実務要件が設けられています。
では、建築学校には中卒でも入学できるのかという疑問点が考えられます。
この点、建築学校では高校を卒業できなかった方でも入学することができる体制が整っています。
また、建築系の専門学校(専修学校専門課程)では年齢条件を満たし、高等学校卒業程度の学力があると認めてもらえれば、入学できるケースも見られます。

建築学校では大学院卒や大卒、高卒、中卒などさまざまな経歴を持つ方が、建築について専門的に学ぶことができる体制が整っています。
現在、建築業界は人材不足が深刻という背景があり、しかも都市部の再開発や地震などの自然災害に備えた建築物の建設が求められ、将来性も確かな業界です。
従来、建築業界は学歴を重視する風潮がありましたが、近年では技術や実力次第の業界へと変貌しています。
高卒や中卒の方でも建築学校でしっかりと学ぶことによって、就職・転職は十分に可能になります。


Copyright 2018 夜間でも通える建築学校 All Rights Reserved.